日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

登ってホッと一息。登山コーヒーのおいしい飲み方

山登りの途中でホッと一息つきたい時や、登頂して雄大な景色を眺めながら飲むコーヒーは、特別な味わいです。寒い時期には体を温めてくれる効果もあって、砂糖やミルクを入れて飲むとエネルギー補給にもなりますね。登山でおいしいコーヒーを飲むには、どのような方法があるのでしょうか。

コーヒーの道具

山でおいしいコーヒーを飲むために、先ずは必要な道具を準備しましょう。コーヒーミル、コンパクトバーナー、ケトル、ドリッパー、カップなどが必要です。アウトドア専用の道具もあって、畳むと小さくなるコンパクトドリッパー。アウトドアではお皿やフライパンの代わりにもなるシェラカップもおすすめです。

コーヒー豆を挽こう

普段から飲んでいるお気に入りの豆や、登山コーヒーのために用意した特別な豆でも、コーヒー豆の新鮮さにはこだわりたいですね。飲む直前に豆を挽くことで香りも楽しめます。コーヒーミルで中細挽きの粉にしてから、分量を守って入れることでおいしいコーヒーが仕上がります。

むらしと注ぎ方

お湯の温度も大切で、92度から96度に沸騰させたお湯が最適です。ペーパーフィルターに当たらないようにケトルも注ぎやすいものを使うといいでしょう。先ずは少量のお湯を注ぎ入れて、粉全体に沁みわたるまで数秒待ちます。その後は、じっくりと3回に分けて注ぎましょう。

まとめ

こうして、こだわって淹れたコーヒーは、コクが引き出されて、最高の香りも味わえます。山の雄大な自然の中でのコーヒータイムはとっておきの時間になります。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます