日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

登山でテントを張った後に履きたいサンダルのすすめ

サンダルは、テント泊登山において便利なアイテムです。テントを張った後に履きたいサンダルをご紹介します。

サンダルの必要性

テントの設営後トイレや水場などをウロウロする場合に、登山靴を脱いだり履いたりするのは結構面倒です。そのため、サンダルを登山に持参する登山者が多いのです。またサンダルは、窮屈な登山靴から解放されるため、快適な癒しのアイテムともなっています。

デバ製マッシュ

サンダルは100円均一でも買えます。しかし、キャンプ周辺の石ころですぐに鼻緒が取れて使えなくなったりする場合が有ります。石や木の枝などで地面が平坦で無くデコボコした不安定な場所を歩く場合は、それなりに丈夫なサンダルが必要です。山用のサンダルはどの製品もソールがしっかりしてベルト類もしっかりしています。だだし重量が重いです。両足で500gを超えるものも珍しくありません。そんな中でこのデバ製のマッシュは、軽いうえに履き心地が良いのでおすすめです。そして、何度か履くうちに、自分の足の裏のデコボコに合った形に変形し、自分のサンダルになります。

ウォルディーズ製アルバ

マッシュは親指と人差し指の間に鼻緒が有る形です。アルバは、鼻緒が無く足の甲全体をベルトでカバーする形で、軽量かつ履き心地が良く、収納にも便利な大きさです。

まとめ

テント設営後に履くサンダルは、岩などのデコボコの激しい場所にも対応できる耐久性が必要です。更に、軽いものがより開放感と癒しをあたえてくれるためおすすめです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます