日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

盛り上がってるカラオケに途中参加でも雰囲気を壊さない方法

みんなと約束していたカラオケの時間に間に合わなくなり、遅れて行くことってありますよね。きっとみんなは盛り上がっていて、その中に雰囲気を壊さず入って行くにはちょっと勇気がいりますが、ちょっとしたアイデアで一気に追いつきましょう!

駆けつけの1曲を選んでおく

遅れて行ってみんなに追いつこうとしても、雰囲気がつかめず選曲も手間取ります。そこで、あらかじめ幹事さんや友達に頼んでおいて、到着できる時間を見計らって連絡をし、こっそりと選曲をしてもらっておきます。もちろん、スタートしてからの雰囲気の流れがわからないので、選ぶ曲は、“遅れたことをお詫びする歌”にします。

“長い間~待たせてごめんね~♪”

到着後しばらくして、曲が流れだすのに合わせて、「ただいま、〇〇さんが到着しましたが、是非みなさんにお詫びがしたいそうです。」と誰かにアナウンスしてもらいます。選曲はたとえば、kiroroの「長い間」。冒頭の歌詞の中に、“長い間 またせてゴメンネ~ また急に仕事が入った~・・・淋しい思いをさせたね~”と大きい声で歌います。「仕事が入った?ウソだろ?」とか、「淋しい思いなんかするわけないでしょ!」とヤジってもらえれば、一気に軟着陸することができます。

ちょっとお酒を入れておくのも方法

みんなお酒が入っているところへ、シラフ一人で合流と言うのはなかなか気合を入れないと難しいです。そこで、カラオケ会場に着くまでに途中でちょっとお酒を飲んでおくのも方法です。また、到着してからすぐにドリンクを選んでも、来るまでにまた時間がかかってしまい雰囲気に乗り遅れるので、これも先に注文しておいてもらいます。

まとめ

遅れるとしても、自分の到着する時間を事前に連絡して、それを友達とかにアナウンスしてもらっておくと、みんなの中に受け入れる準備ができます。うまく連携をとっておくことが大切です。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます