日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

もっとキャンプを楽しみたい!それなら「七輪」を持っていこう

アウトドアの花形キャンプ。いざバーベキュースタートと言うときにコンロの組み立てに手間取ったり部品が足りなかったり、火が定着しなかったり、弱かったり強かったり。
かなり手馴れていないとバタつきやすいものですよね。
こんな時は七輪が便利。そしてエコ。

持ち運び便利

厚手のトートバッグに七輪を丸ごと入れちゃえば良いのです。
着火剤もライターも一緒に入れてセットにしておきましょう。
使う時には特に組み立てもなく火さえ起こしてしまえばよいだけです。
持ち帰る時は完全に冷ましてからトートバッグにいれましょう。

着火が簡単

大きなバーベキューコンロを前に、お腹をすかせている集団を見かけます。なかなか火がおこらないのでしょうね。
七輪は小さくいっぺんに焼ける具材の量も少ないですが、その分火がおこしやすく、また性質上炭が長持ちしますよ。
炭を入れ、焚きつけや紙に火をつけて炭に火を移します。この時うちわで扇ぐのがポイントです。

七輪レシピ

バーベキューコンロで焼く物と同じ食材はもちろんスイーツまで楽しむことができます。
七輪は火との距離が近いので、火が通りにくい鶏肉も、中まで火を通すのに表面を焦がさずに焼くことができます。
鮭や秋刀魚なども七輪で焼くと美味しいですし、サザエや牡蠣などの貝類、イカやタコなどもオススメです。焼きおにぎりや明太子などもチャレンジしてみてください♪
〆は網を変えてスイーツもいかがですか?網で食パンを焼き温めてからアイスと蜂蜜をかけるハニートーストや、サツマイモを焼いてバターと蜂蜜をからめるスイーツもオススメです。

おわりに

いかがでしたか?大掛かりなコンロも良いですが、たまにはこじんまりと七輪を囲みませんか?片付けも楽ちんでオススメです♪

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます