日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

外を見れば雨…そんなときのランニングはどうすればいい?

いつでも晴天下でランニングができるとは限りません。
小雨でも気持ちが下がる一方で、大雨ならば中止せざるを得ませんね。
「ランニングは持続することが大事」というように、精神的なスタミナも必要…
そんなとき、ちょっとした雨天でも楽しく走られるとよいものです!!

対策1、つばの大きなキャップをかぶるか、レインウェアを用意する!

ありふれた対策ですが、それだけ有効である証拠です。
これは、雨が視界をさえぎってしまう安全面への配慮としての対策です。
意外にも活躍するのがトレッキング用のレインウェアです。
登山用のウェアは、サバイバルの性質上悪条件に対して強い素材でなくてはならないからです。
普通の服だとぬれて水分を吸収し、嫌な感じに密着してしまって見栄えも悪くなりますからね。

対策2、ルームランナーを購入する!

そもそもの根本的な対策として「外が雨なら、家で走ればいい」、というわけでルームランナーです。
いたってシンプルな解決法ですが、部屋でかさばったり、値段が張ったりして大変です。
しかし、値段だけの問題ならば実は中古品や安いものだと8000円程度に収まるものもあります。
上等な品だと、4万は下りません…

雨天ランニングの意外なメリット?

雨天で走ることは一部のメリットを含みます。
例えば、選手を目指していれば本番が雨天でも関係ありません。
そんなときの応用が利く練習になります。
また、足場が悪い状況で走ると、バランスを取るため体幹部が鍛えられます。
軍隊では、そうした悪条件をあえて課すトレーニングを行っています。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます