日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

幹事の心得歓迎会編

会社の歓迎会で幹事を頼まれたけど、上手くできるか心配のあなた。歓迎会を成功させる為に、知っておきたい幹事の心得をご紹介します。

スピーチの常識

基本的に始めの挨拶は、最も役職の高い人に頼みましょう。
また、歓迎される方のスピーチの順番は、基本的には、役職の高い方から順番に紹介、挨拶のスピーチをしてもらいます。
転任者と新入社員がいる場合は、転任者から挨拶してもらいましょう。

ゲームや余興を盛り込みましょう

歓迎会では、新任者に会社や部署の雰囲気を知ってもらう場でもあります。
内輪ネタや過激な余興ではなく、皆が楽しめる物を選びましょう。
全員でできるゲームや、チーム戦クイズなどで交流の場を作るのも良いでしょう。

飲み会での幹事の心得

幹事の仕事は歓迎会当日だけではありません。
まず、会場の確保。挨拶してもらう方へのスピーチのお願い。歓迎会の会場や集合時間など詳細のお知らせ。お金の回収など、準備の仕事が山積みです。

歓迎会中は、常に会場全体を把握しておきましょう。
全員に料理やお酒が行き渡っているか確認し、なくなっているようであればスタッフに料理を早く持ってきてもらうように頼むなど、これも幹事の仕事です。
また、挨拶の時は、席を立っている人がいないか、スピーチができるように会場を静かにさせるのも幹事の仕事です。
騒がしいままスピーチする人を紹介するのは、失礼になります。

まとめ

幹事の役割を心得て、事前準備をしっかり行い、歓迎会を成功させて下さい。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます