日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

あの曲が歌いたいのに・・・。カラオケで高い声が出ない人向けの練習法3選

自分の好きなあの曲が歌いたいのに、高い声が出ないからと諦めていませんか?この練習法を行うと高い声が無理なく出せるようになります。気軽に取り組める練習法を3選紹介します。

喉を鍛えて高い声を出そう

元々の声が低い人は、普段の日常会話から高く声を出すようにすると音域が広がってきます。高い声を出しやすい喉の状態をつくりましょう。喉を鍛えると音域がどんどん広がっていくので、自分のぎりぎり歌える高さの曲を歌うようにしましょう。慣れてきて簡単に歌えるようになったら、もう一段高い曲に挑戦してみるといいでしょう。最初は苦しくても、段々と音域が広がっていくのが分かります。

喉を開こう

できるだけ喉を開くように意識して歌いましょう。喉の空間が狭くなったときの、喉仏の高さが最高音域になるので、歌っている途中で喉の閉まりを感じたら意識的に喉を開きましょう。深呼吸のトレーニングも効果的です。

裏声を鍛える

裏声を出せるように鍛えると、高い声を出せる感覚をつかむことができます。裏声はきれいな声ですが、弱い声になってしまうので、徐々に普通に歌える声に近づけていくことも必要です。裏声トレーニングは、かなり高めの曲を裏声を使って歌うといいでしょう。

まとめ

日常でできる練習法を紹介しました。高い声で歌えるようになったら、カラオケも更に楽しくなりますね。友達を誘って一緒にトレーニングしてみると、お互いの成長度が分かって、やる気もアップしそうですね。自分の元々の声も大切にしつつ、高い声も伸ばしていきましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます