日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

〈仙台〉コテージで楽ちんキャンプを始めよう♩

コテージというと利用したことがない人は「?」状態に陥ってしまうかもしれません。キャンプ場というと、現代ではバンガローやコテージの利用を示しています。今回は仙台でコテージで楽ちんキャンプを始めることについてご紹介します。

コテージ存在意義

宮城県仙台にはキャンプ場やオートキャンプ場はたくさんありますよね。コテージやロッジ、キャビン、バンガローなどの種類があります。またキャンピングカーを使ったアウトドアの趣味を持つ方もいらっしゃるでしょう。コテージは比較的新しいキャンプの仕方です。草原に囲まれていたり自然あふれる場所にあるコテージでは、森林浴ができますよね。コテージは毎日の仕事の疲れを癒してくれる存在です。

七ケ宿オートキャンプ場きららの森

区画されていて、コテージの量は少ないですが、すべての区画には芝生が敷き詰められています。電源や水道、流し台がついているコテージです。コテージは樹木で1件1件区切られているので、ほかの利用者との接点があまりなく楽しめるでしょう。各部屋は、エアコンや床暖房つきなので、夏でも冬でも存分に楽しめます。

秋保リゾート森林スポーツ公園

このコテージは面積がとても広く、敷地内にグラウンド、ゴルフ場、体育館を完備しています。また、スポーツに汗を流したら、温泉があります。大浴場や露天風呂など、通常のコテージにはあまり例を見ない総合レジャーパークとなっています。

まとめ

このように、コテージやキャンプ場は目的別に探すことによって、お目当てのコテージに泊まることができます。はじめてコテージに泊まる方は、管理者によく相談や質問をしておくと良いでしょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます