日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

〈瀬戸内〉コテージで楽ちんキャンプを始めよう♩

キャンプやバーベキューなどの季節がもうすぐ到来しますね。はじめてのお子さん連れのキャンプに抵抗感がある方は、コテージを使用してみてはいかがでしょうか?今回はコテージで楽ちんキャンプを始めるためのご紹介をします。

コテージとは?

コテージとは、バンガローとは違っていて家具や家電が揃っているほかにもトイレなどの設備もきちんとなされているコテージが多いです。バンガローは畳6畳くらいですが、コテージは規模が大きいところは大きいため、一気に10人くらい泊まれることもあります。建物が二階建のものも建築されています。

ペンションバァンキャトル・ウ

青い瀬戸内海の海を見下ろす高台にあるコテージです。青い海に青い空という天候に恵まれたら最高の思い出にもなりますよね。貸し切りコテージは3棟あり5部屋あります。なかでも和室は5人から8人が泊まれます。もう片方の1室しかない和室には10人くらいが泊まることができます。

長尾総合公園コテージ(さくらの里)

香川県さぬき市長尾東にあるコテージです。コテージの内部から窓を開けると、緑の自然があふれて目に入ってきますので森林浴にもなります。またコテージのテラスデッキでは、バーベキューを行うこともできるほかにあまり例のないコテージです。近くにはお花畑があり、さくらと花菖蒲の見ごろに合わせて行くと良いでしょう。

まとめ

瀬戸内には海を一望できるコテージがたくさんあります。キャンプまで手が届かない方や、お子さんがいて危なくないようなコテージ選びをしたいものですね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます