日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

一生懸命さを判定する!カラオケの「熱唱度」を上げるコツ

カラオケの機種によっては、採点の際に「熱唱度」という項目がある場合もあります。音程やリズム、ビブラートなどのテクニックといった項目ならば分かりやすいですが、この熱唱度では歌う人の一生懸命さを判定して採点する項目となります。では、この熱唱度の得点をどのようにして上げる事ができるのでしょうか。

熱唱度とは

まずは熱唱度について理解を深めてみましょう。熱唱度とは、歌唱した音声から熱唱度を判断するというプログラムであり、歌をどれほど懸命に歌えていたかを採点するものです。熱唱度の判断ポイントはマイクから入る音声信号の多さで決まる、という事を覚えておきましょう。ですがこれは、声量のみが判断ポイントになるという訳ではありません。同じように歌った場合でも、カラオケ機器の設定や調子などでも大きく点数が変わってきます。また、熱唱度の得点が高く歌えたとしても総合得点にはあまり影響しませんが、点数が低い場合には減点される事があります。

熱唱度を上げるには

熱唱度を上げるには大まかに二つの事が重要になります。熱唱度は声量のみで決まる訳ではないと前途しましたが、マイク信号が多ければ多いほど点数は高くなります。ですから、そうする為にはサビ部分だけでなく、歌全体を通して声量を上げて歌う事ができるでしょう。また、カラオケ機材の設定によっても上げる事ができます。単純にマイク音量を上げて歌う事もできますし、マイクの感度を上げる事も熱唱度には影響を及ぼすでしょう。この「歌全体の声量を上げる事と機材の設定」という二つの事に注目するならば、熱唱度も比較的高くなるでしょう。機材の設定に関しては、歌い終わったら戻しておきましょう。

まとめ

熱唱度は総合得点のプラスにはなり辛い項目ではありますが、低いとマイナスになりかねません。ですから、総合得点のマイナスを減らす為にも熱唱度を意識して歌ってみましょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます