日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

浴槽の取れない汚れを大掃除で落としきる!

一日の疲れを癒す場所でもあるお風呂。できればキレイに清潔な状態にしておきたいですよね。大掃除の機会に溜まった汚れを落としきりましょう。浴槽の汚れと言っても1つではありません。種類別にお掃除方法をご紹介します。

水あか

浴槽の汚れのトップに上げられるのはやはり湯あかです。原因は水道水に含まれるケイ酸というものです。毎日少しずつ蓄積されてしまっているのです。時間が経たないうちであれば簡単に落とすことができるのですが、お掃除のしにくい部分に溜まってしまいがちです。そんなときは、浴室用の中性洗剤でこすり落としてあげます。しつこい場合は洗剤をかけて、数分放置してからこするようにすると効果的です。

ピンクカビ

ゴムの部分やタイルの目地についたピンク色の汚れは実はカビなのです。カビが好むモノは湿度や残った汚れなどです。汚れの代表は石鹸のかすです。浴室を使った後は最後に水で汚れを流すだけでもずいぶん違います。また、窓があるないに関わらず換気はしっかりするといいでしょう。発生してしまったカビには浴室用の中性洗剤が効果的です。それでも落ちない場合は換気をしっかりした空間でカビ取り洗剤を使います。

金属石けん

皮脂や石けんの残りかすが、水道水に含まれるカルシウムなどの金属成分と反応してできる汚れのことをいいます。浴槽の中でも、いつも溜める水のラインに発生しやすいざらざらとした汚れのことです。ついてすぐなら浴室用の中性洗剤で落とせます。しかし、蓄積してしまうと結構頑固な汚れになってしまうのです。そんな時には浴室用のクリームクレンザーが効果的です。使用の際にはこすりすぎて表面を傷つけないよう注意してください。

浴室はすべすべときれいな方が気持ちが良いですよね。是非試してみて下さい。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます