日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

カラオケの採点にある表現力は「抑揚」がポイントだった!

カラオケには採点の時に使える技術として「抑揚」というものがあります。抑揚とは、声の調子を上げ下げすることで生まれ、いろんな歌の表現方法として用いられています。そこで抑揚を簡単につけられる方法について紹介します。

抑揚をつけるポイントとは

Karaoke
photo by Vladimir Pustovit

抑揚にも種類というものがあります。まずは「声質を変える抑揚」というものです。普段私たちがしゃべっているときの声のトーンと、本気で歌ってみるときの声のトーンは大きく変わってくるはずです。この時の差が抑揚となって生まれてくるのです。抑揚の簡単なつけ方はこのことで、自分のギャップをカラオケに全面に出すということが大事になってきます。裏声や地声を織り交ぜてみたり、首を絞めつけるような声だったりと、曲調によって変えていくのが一番いいでしょう。

抑揚をつけるために効果的な練習とは

Karaoke Star!
photo by Derek Gavey

本格的に抑揚をつけていきたいと考えているのなら、抑揚のつけ方に関する練習が必要です。練習方法として、クレッシェンドとデクレッシェンドに挑戦してみることが有効でしょう。これらの技術はだんだんと声のボリュームを大きくしていくものなので、曲の雰囲気を一気に変えることができます。なので抑揚が付けやすい声を手に入れやすいということになります。慣れてきたら一気にクレッシェンドをかけてみたり、その逆にも挑戦してみるといいでしょう。

抑揚は実際にカラオケでつけられるようになるとかっこいい技術なので、身につけておきましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます