日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

どんな歌もおまかせあれ!カラオケで音域を広げる練習方法

どんな歌もおまかせあれ!カラオケで音域を広げる練習方法

カラオケで歌っていて、自分って音域が狭いなと感じたことはありませんか?好きな歌手の歌をもっと上手に歌いたいって思いますよね。曲の最初は歌えるけれど、サビはキーが高くて歌えないってこともあります。

もともとの声質もありますが、簡単にできる音域を広げるトレーニング方法をご紹介します。

複式呼吸

音域を広げる基本です。喉の奥から声を出そうとしますが、お腹に力を入れて声を出します。鼻から息を吸うとお腹は膨らみ、口から息を吐くとお腹はへこみます。これが複式呼吸方法です。お腹を意識して鼻から息を吸い、お腹から声を吐き出すようにします。

これだけでも普段の声質より、太くなります。喉から声を出すのではなく、お腹を意識して声を出すようにしましょう。これだけでも音域が広がります。

低音

もともとの声質が高めだから、低い声が出したいという方には、お腹を意識してお腹から声を出してみましょう。身体の力は抜いてリラックスして下さい。大きく深呼吸もポイントです。頭が下向きだと喉が塞がれてしまいますので、お腹の底からの声を喉を通して出しましょう。

高音

高音を出す時に顔が上向きの人が多いのは、喉の声帯を開きやすくするためです。喉の奥から低い声を意識して出していき、口を大きく広げていきます。その時に喉の奥からころころと音がします。その合図は喉が開いているということです。

声帯が響くところころと音がする状態を、覚えましょう。低い声から徐々に音階を上げていく練習をしましょう。

喉を広げる

無理やり声を出そうと、喉が閉まったままで声をだすと喉を痛めてしまいます。身体の力をぬいて喉を広げる練習をしましょう。いつもは出さない音域を無理やり出そうとするのも喉を、痛めてしまいます。喉を広げるポイントは口の中の奥天井、つまり上あごを上げることと、喉仏を下げることです。このポイントを気を付けると喉が広がります。

  • 口の中の奥天井

のどちんこ近くの上あごのやわらかい場所です。舌で触るとやわらかい部分です。

  • 喉仏

あごの下に人差し指を置き、ゆっくりと下になぞります。盛り上がりのあるV字の形をした骨が喉仏です。

まとめ

カラオケでも自分の音域はこれだけだからと、あきらめないで下さい。複式呼吸を練習して、喉が開くようになれば、音域を広げることができます。全身をリラックスした状態で、音域を確認しましょう。音域が広がれば、カラオケで歌うことが、ますます楽しくなります。

カラオケカテゴリ

おすすめカテゴリ

おすすめサービス

調整さんをフォローする