日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

カラオケの精密採点DXで高得点を出す3つのコツ

カラオケの精密採点で高得点を狙おうと思うのはそう簡単ではありません。しかしあるテクニックやコツを学んでおくだけで採点する機械の性質を勉強することができます。そこで高得点を狙うために必要な情報について紹介します。

高得点を狙うには抑揚が一番

Karaoke Star!
photo by Derek Gavey

カラオケ機器の採点方式は、主に音の取り方や抑揚に目をつけて採点してくれます。抑揚がしっかりしていれば音も外すことなくとることができますし、大きな加点にも生まれ変わることができます。逆に抑揚がしっかりしていなければ良い点を取ることはできません。抑揚は音の強弱を表すのでしっかりと曲の雰囲気をつかんでおくことが大切です。曲の雰囲気といってもバラードのようにしんみりする曲もあれば、パーティー気分のように気分高らかに歌う曲もあるので、選曲の際には自分のモチベーションにも問いかけてみることが大事です。

もっと細かな点数を刻みたい方には加点がお勧め!

Musician at SLO Farmer's Market
photo by Don DeBold

精密採点のレベルになってくると加点を気にしないとなかなか点数が取りずらくなっていきます。加点というのは声を震えさせる「ビブラート」だったり、強調をはっきりさせる「こぶし」などが挙げられます。自分の得意な曲に関してはこのような加点で稼ぐということも大事になってきます。加点といっても連発しすぎてもいけないものがあるので注意しましょう。

カラオケで本格的に高得点を狙っている方だったらいろんなテクニックを知っているはずです。初心者の方だったらまずは抑揚をしっかりつける練習から始めてみましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます