日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

フットサルの達人に?うまくなるにはどうすればいい?

今、どんなにフットサルが上手い達人でも最初は同じスタートです。
フットサルが上手くなるには、サッカーと同じような練習よりも、フットサルに合った練習が必要になってきます。
もちろんサッカー経験者は、フットサルをやらせても上手いことは事実ですが、フットサルに合った動きや技術などはプロのフットサルプレーヤーには敵わないのではないでしょうか?

ボールの扱い方

まずはトラップの基本技術のレベルを徹底的に上げましょう。
この基本レベルを上げることが、シュートを打つ、パス回し、ドリブルなど全てに繋がってきます。
パスの練習、シュートの練習よりもまずはトラップ技術を優先しましょう。

トラップの練習方法は?

基本は誰かとパスをしながらのボールの交換になりますよね。
その時に、浮いた球、強めのボール、弱めのボールなど蹴ってもらいましょう。
もし一人で練習をしたい時は、リフティングなども役に立ちます。
この時、回数は意識をしなくても問題はありません。
体の頭、胸、腿、アウトサイドキック、インサイドキック、脚の甲などいろんな部位でしてみてください。

トラップの真髄は足裏にあり

もちろん、トラップの基本として紹介もされていますが、この足裏トラップのテクニックレベルをあげると、フットサルの実力が桁違いにつきますよ。
何故なら、サッカーでは足裏トラップはフィールドが広いので、使う場所が限られるのですが、フットサルは狭いコートなので密集になりがち。
常に足元でボールをコントロール出来る技術だけで、戦術の幅も広がるからですね。

まとめ

フットサルの達人であり、フットサルプロプレーヤーである森岡薫選手も足裏トラップの重要性を語っています。
普段のフットサルや個人練習で意識をしてみましょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます