日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

初詣に行きたい神社3選 〜交通安全編〜

初詣はどこに行くか決めましたか。普段運転をする方や、お仕事で運転する方は交通安全祈願するのもいいですね。今回は、初詣に行きたい神社3選・交通安全編をご紹介します。

一之宮貫前神社

一之宮貫前神社は創建1500年の歴史を持つ格式の高い神社です。境内には「蛙の木」と呼ばれているタブの木があります。「蛙の木」は「無事カエル」と掛け、交通安全の縁起物として親しまれています。

住所:群馬県富岡市一ノ宮1535
アクセス:(電車)JR高崎線、上越新幹線の「高崎駅」から上信電鉄⇒「上州一ノ宮駅」で下車(約45分)し、徒歩で15分。
     (車)上信越自動車道  富岡インターから約20分、または下仁田インターより約20分。

宗像大社

宗像大社には天照大神の三柱の御子神を祀ってあります。沖津宮、中津宮、辺津宮の三宮を総称して宗像大社といいます。全国から交通安全の御神徳を頂きにたくさんの方が訪れます。

住所:福岡県宗像市田島2331
アクセス:(電車)JR鹿児島本線「JR博多駅」から快速で約30分⇒「東郷駅」
    「東郷駅」から、神湊波止場行きバス(宗像大社経由)で「宗像大社前」下車してすぐ。
   (車)九州自動車道  若宮インターから約20分、または古賀インターから約25分。

琴崎八幡宮

平安時代の859年に琴柴村八王子社という祠を建ててお祀りしたのがはじまりです。その後、1184年に西の宮に遷し、宇部郷の鎮守としました。

住所:山口県宇部市上宇部大小路571
アクセス:JR新山口駅から車で約20分。
     山陽自動車道 宇部インターから市街地方面へ車で約3分。
     山口宇部空港から国道190号線を西へ進み、国道490号線を北へ、車で約15分。

一年間、交通安全で過ごせますように。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます