日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

さくらんぼ狩りが楽しめる北海道札幌市周辺の絶品農園

札幌からさくらんぼ狩りに出かける、といえば余市や仁木へのバスツアーやドライブがすぐに頭に浮かびます。しかし、札幌市南区にも観光農園は多く、気軽に出かけられるスポットとして、毎年夏には賑わいをみせています。

篠原果樹園

南区豊滝の国道230号線・石山通から少し入った場所にあります。さくらんぼの種類が多く、食べ比べられるのが特徴です。朝から夕方まで開園中は時間無制限、お年寄りや子供でも取りやすい低い木もあります。さくらんぼの他にもプルーンやナシ、リンゴなど季節ごとの果物狩りが楽しめます。果樹園からの絶景も見逃せません。

八剣山果樹園

南区砥山の八剣山の麓にある果樹園です。さくらんぼ狩りはもちろん、イチゴやプラム狩り、ジャガイモやトウモロコシなどの収穫体験もできます。他にも乗馬や釣堀、登山、バーベキューなど、様々なアクティビティが揃っているので、一日中楽しめます。

定山渓わいわいふぁーむ(旧佐々木果樹園)

札幌から行くと、定山渓温泉よりさらに奥・南区定山渓にある果樹園です。さくらんぼの他、様々なフルーツが生る観光農園です。雨天でもビニールハウス内でさくらんぼ狩りができ、車椅子や乳母車などでも入園しやすいところが特徴です。釣堀やトレッキングなども用意されています。

まとめ

そして、さくらんぼでおなか一杯になったら、帰りは温泉へ。定番の定山渓温泉以外にも小金湯温泉に豊平峡温泉と、こちらも選ぶのに迷いそうです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます