日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

同窓会を企画したいんだけど、何をするのかわからない…

同窓会の開催は、ちょっとした下準備が必要です。日時、場所を決める前にあらかじめ用意しておきたいことがいくつかあります。お世話役の特権で、懐かしい人とも先におしゃべりができます。

有志を募り連絡を取り合う

Close up person using smartphone
photo by Japanexperterna.se

はじめての企画なら一人ですべてやるのは難しく、またクラスの人数が多くなると準備も大変です。クラスで一番親しかった友達か今でも付き合いのある仲間に連絡し、同窓会企画を投げかけます。懐かしさにきっと乗ってくれるでしょう。今回のお世話役の協力をお願いしますが、男女が入るようにした方がいいでしょう。

役割分担をします

100_1189
photo by 克年 三沢

一度お世話役みんなで集合します。一足先のミニ同窓会のようで、これはこれで楽しいものです。相談する内容は、名簿集め方、学校への相談、開催までのスケジュール、日時・場所の案、運営方法、ゲストなどですが、それぞれ役割分担をします。スケジュールに従って次回の打ち合わせまでに、案を持ち寄ります。

返事がない人へのフォロー

Belgian craft beers
photo by Eric Huybrechts

概略が決まれば、いよいよ案内状の発信です。往復葉書もしくは同窓会用のメールアドレスがあればメールで連絡します。大切なのは、期限までに返事がこない人にはもう一度連絡を取ってあげることです。卒業時から住所変更がされておらず、古い連絡先のままということはよくあります。知人をたどっていけば新しい連絡先に行き当たることがありますが、その時は本当に喜んでくれます。

まとめ

Drunk!
photo by andrew_mc_d

同窓会の初企画の時のお世話係りは大変ですが、一度開催されると名簿も確実になり、また動静の不明な人の情報も初回の参加者から集まります。次回の再会の約束と、幹事を決めれば末長く続く同窓会にきっとなりますよ。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます