日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

イルミネーション 埼玉 森林公園で紅葉とともに楽しむ

イルミネーションといえば、冬の楽しみ……、と思っていませんか? 埼玉県の国営武蔵丘陵森林公園では、何と紅葉と一緒にイルミネーションが楽しめます! 毎年11月頃に行われる『紅葉見ナイト』は、森林公園のイベントでも随一の人気。是非皆さんも一度体験してみてください。

日本初の国営公園

国営武蔵丘陵森林公園は、明治百年記念事業の一環として埼玉県に開設された、全国初の国営公園。全長17kmサイクリングコースがあり、周辺地域では「森林公園」と呼ばれて親しまれる広大な公園です。アスレチックコースやドッグラン、植物園など、年齢問わず楽しめるレジャースポットとなっています。

紅葉見ナイトに行こう!

人気イベント・紅葉見ナイトは、毎年11月頃に行われる夜間イベント。ライトアップされた20種類以上のカエデを存分に楽しむことができるほか、アートイルミネーションも設置されます。
紅葉見ナイトでは、中央口からカエデ園、植物園を散策できます。夜の闇に神秘的に照らし出される無数の紅葉、美しく立ち並ぶカエデが何処までも続く幻想的な遊歩道をしっとり歩いてみませんか?
植物園展示棟前では、毎年テーマに沿ったイルミネーションが公開されます。紅葉とイルミネーションの組み合わせは、他では見られない珍しい光景。是非一度は見てみたいものです。

紅葉見ナイトには直通バスで

公共交通のアクセスですが、紅葉見ナイトの開催地である中央口には普段バスのアクセスがありません。東武東上線森林公園駅・北口から、国際十王バスの立正大学行き・熊谷駅行きにて「滑川中学校前」(南口)・「森林公園西口」。土日祝日は、直通の川越観光バスにて南口まで。
JR東日本高崎線熊谷駅からも、国際十王バスの森林公園駅行き「森林公園西口」「森林公園南口入口」、東松山駅行き「森林公園北口入口」などのアクセスとなっています。
ですが、紅葉見ナイトの期間中は、東武東上線森林公園駅・北口から公園中央口まで、夜間開園に合わせて直通のシャトルバスが運行されていますので、是非ご利用ください。
自動車では、関越自動車道の東松山ICから約10分となります。

秋の代名詞・紅葉と、冬の代名詞のイメージが強いイルミネーション。この意外な取り合わせ、その想像以上の美しさを、是非一度その目で確かめてみてください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます