日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

海水浴の時貴重品はどうしてる?

海水浴に行く際困るのは貴重品の取扱いだと思います。基本的には海には多額の現金、貴重品は持って行かないことをお勧めします。それを前提で私の体験談をお話させて頂きます。

お財布、現金の取扱い

お財布や携帯電話は基本的に車の目立たないところに保管する。特に現金は最小限の金額を小分けにして海水浴場に行くことをオススメです。もし途中で必要になった時は面倒でも車に取りに行くようにしましょう。ほとんどの場合カードなどは使う機会がないので必要ありません。

携帯電話、カメラ等の取扱い

今は携帯電話やカメラで記念に撮影をすることが多いと思いますが基本的には持ち込みはオススメしません。大人数なら一人二人交代で監視する人がいれば良いと思います。少人数の場合は持ち込みはやめましょう。盗難の恐れがあります。しかし、海の家などで預かりサービスがある場合預けるのも良いと思います。でも、携帯やカメラみたいな精密機器は潮風に弱いので高額のものは持ち込まないほうが無難です。私の場合マリンスポーツでずーっと海に入っているので必要ないので携帯電話は車内保管します。海の中では電話使えないですからね!

車のキーの取扱い

上記の通り車保管の場合一番困るの車のキーです。古い車の金属製のキーですとウエットスーツとかに入れるポケットに入れて肌身離さず持っていけたのですが今のワイヤレスキーですとそうは行きません。レジャーシートがある場合そのシートの下に隠すとかもできます。しかし意外かもしれませんが大きな海水浴場ですと普通にポーチみたいな袋の中に入れてサンダルと一緒においていてもあまり盗難にあうことは少ないです。(絶対では無いです)キーだけでは車を特定するのは難しいからだと思います。一番やってはいけない保管方法はマグネット式のキーケースで車の底に貼り付けるタイプの保管方法です。車とキーがセットになっており一番車上荒らしにあいます。

車以外の方の貴重品取扱い

状況によりますが基本的には同じです。貴重品は持ち込まないこと。海の家など預けられるとこをがあれば利用をオススメです。もし、コインロッカーがあれば安全です。宿泊の場合も事前に預けられることもあるので確認してみましょう。
何度か触れましたが基本的に大前提は「貴重品は持ち込まない」です。楽しい海水浴で被害にあうと台無しです。予防はしっかりとして楽しい思い出にしましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます