日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

スノーボードのビンディングの選び方

ビンディングは、板とブーツをつなぐ大切なギアのことです。
自分に合ったビンディングを選ぶためには、何に気を付ければいいのでしょうか?

ブーツとの相性が大切!

ビンディング選びで一番大切なのはブーツとの相性です。

ブーツが同じサイズでもメーカーによって形状が異なります。ブーツを持っている方は、ビンディングを購入する際は持参して、締め付け具合や固定感をしっかり確認しましょう。

ビンディングの固さ

実際にお店でビンディングに触ってみましょう。メーカーによって柔らかさが違っています。

柔らかいビンディングは操作しやすいので初心者やグラトリをする人におすすめです。ビンディングは固くなるほど足からの力がダイレクトに板に伝わるので、上級者やカービンやハーフパイプをする人におすすめです。

ビンディングの種類

ビンディングには、ストラップ型ビンディングとリアエントリー型ビンディングの2種類あります。
それぞれメリットデメリットがあるので、自分に合ったビンディングを選びましょう。

ストラップ型ビンディング

一般的なのがストラップ型ビンディングです。トゥストラップとアンクルストラップでつま先と足首の2ヶ所を固定するタイプです。

メリットは、多くのメーカーがこの型を採用しているので色々な種類から選べることです。一方デメリットは、慣れるまでは着脱が面倒くさいということです。初めは冷たいゲレンデにお尻を付けて座って付けなければなりません。

リアエントリー型ビンディング

リアエントリー型ビンディングのメリットは、着脱がスムーズだという点です。ストラップ型と違ってハイバックが後方に倒れるので、ブーツを差し込んでハイバックを起こして着脱完了です。立ったまま着脱できるので、座ってお尻を冷やすこともありません。パウダーに埋まった時もスピーディーに着脱できます。

デメリットは、リアエントリー型を出しているメーカーが少ないことです。なかなか手に入れることが難しいので、そこが難点といえるでしょう。

ゲレンデでビンディングをチェック

リフトに並んでいる時に、他の人のビンディングをチェックしましょう。

どんなブーツと合わせているのか、カラーやデザインの組み合わせを見るのもいいでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます