日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

カラオケ、うまくなりたいなら「ミックスボイス」を習得すべし

カラオケが上手だといわれる人にはタイプがあります。
実際に歌のキャリアがあって、技術のあるタイプがあります。
また、キャリアがなくともカラオケで点を取るための技法に長けているタイプがあります。
しかし、要は「上手い」と思わせる印象操作が大事なのであり、その要素はやはり「声」でしょう。
今回は発声技法の1つであり、カラオケ的にも知っておきたい「ミックスボイス」を紹介します。

「ミックスボイス」とは、その言葉の由来について。

YELLOW magazine karaoke
photo by Ed Schipul

もともとはフランス語の「ヴォワ・ミクスト」という言葉が原語となるようです。
本来は「声区の融合」という難解な意味を持っていました。
現在では、胸声で高い声を出す技術を指していることが多いそうです。

「ミックスボイス」ってどんな声なのか?

YELLOW magazine karaoke
photo by Ed Schipul

紹介した動画では、「地声と裏声が混ざった声」と紹介しています。
しかし、よく考えてみると地声のまま歌う人はあまりおらず、必ず誰しもが「歌声」になります。
その時点で何かしらミックスボイスを誰もが使っていることになります。

ミックスボイスの出し方について。

Karaoke
photo by JoshBerglund19

裏声を出すとき、喉の奥、首の前面が詰まった感じがしますよね。
そのまま首の筋肉が上下に引っ張られるようにすると喉の内側が広がったような感覚になります。
その状態で発声された声がミックスボイスだという見解があります。

「地声と裏声のバランスが大事ということ」。

Judith and Natalie's Wedding Karaoke
photo by Schezar

動画では専門のトレーナーが紹介しているように、多くの人が、このバランスが悪いのです。
そこで適切なバランスをボイトレで見出していくことが大切と感じます。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます