日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

さくらんぼ狩りが楽しめる北海道仁木町周辺でおすすめの農園

北海道でさくらんぼと言えば、一番の有名処は仁木町。地元はもちろん、ドライブやバスツアーで、さくらんぼ狩り目当てに訪れる人も多い果物の町です。観光農園もたくさんありますが、その中でも特色ある果樹園をいくつか選んでみました。

山本観光果樹園

さくらんぼはもちろん、有機堆肥で育てた、その時期に熟している果物を楽しむ、フルーツ狩りができます。一定のマナーを守れば、愛犬と一緒に入園出来るのもうれしい点。海外から訪れる人も多く、園内ではWi-Fiが使えます。レストハウスでは、ここで育った果物のジュース、アップルパイなどを堪能することもできます。

さくらんぼ山観光農園

とにかく広く、さくらんぼの木は4千本ほど。品種もいろいろで、6月下旬から8月上旬くらいまで食べ頃も様々です。ほかの果物狩りや農業体験学習もできる観光農園で、さくらんぼ種飛ばし大会なども開催されています。

峠のふもと紅果園

全部で7百本ほどのさくらんぼの木は、40種類以上あります。一緒にベリー摘みもでき、グズベリー、びっくりグミ、ジューンベリー、ハスカップなどがあります。一番美味しい時期の物をしっかり食べ比べできます。観光農園が立ち並ぶエリアから少し離れた、野山の中にある農園です。

まとめ

さくらんぼ狩りの後は、くだもののテーマパーク・フルーツパーク仁木や、アスレチックがあるふれあい遊トピア公園などで、仁木町の魅力をさらに味わってみてはいかがでしょうか。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます