日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

快適な登山を楽しむために♩装備の軽量化のすすめ

登山では、荷物が軽い方が景色などを見る余裕が生まれて、登山をより快適にする事ができます。そこで、装備を軽量化する方法をご紹介します。

軽い装備

現在の装備がどの位の重量か?を知ることが重要です。まず、一つ一つの重量を計ります。衣類、ザック、シューズ、レイン、食器類・・・と時間をかけて重量を一つ一つ計り、現在の重量を把握します。その際、なくても済むものは装備から外します。工夫も必要です。例えば、ザックの背面パネルをとって軽量化する、食器はレトロトの容器で代用するなどです。更に、これから購入するものは、何でも重量を意識して選びます。
衣類は、専用と兼用を作ります。着替えを泊数分持って行かず、寝る時用という専用のものを作っておきます。また、雨具を防寒具として使うなどの兼用を考えます。
カメラは、三脚やレンズは重いため工夫が必要です。重いと疲れからシャッターチャンスを逃したりしがちです。ブレないシャッター技術をマスターして三脚は置いて行く、レンズの持参数は欲張らないなどが大切です。

食料の軽量化

食料は美味しいものほど重いものです。といっても、カロリーメイトのようなものばかりでは飽きてしまいます。軽量化するためには、1回分をセットにします。

小物類の軽量化

小さな容器に小分けして、無駄な包装を捨てます。日焼け止めクリームなどは、小分けケースを100円ショップなどで買い数回分だけ持っていきます。マキロン1本とかは軽量の代用品を考えます。

まとめ

登山装備の軽量化は、まず現在の重量を把握します。その際、不要なものは除きます。衣類・カメラ・食糧・小物類などは専用・兼用・セット・小分けなどの工夫をして軽量化します。軽量化して、余分なカロリー消費を減らし、余分な水分補給を減らし、スピードを上げ迅速な行動ができるようにしましょう。

 

ランニングが好きな有名人は以前からたくさんいますが、最近はマラソン大会などにも積極的に参加する人たちも増えてきました。
芸能人の間にもランニングブームが起こっているのでしょうか。
そこでランニング好きな有名人たちをまとめてみました。

もはやプロ?ランニングで有名になった芸能人

ランニングの成績で有名になった芸能人と言えば、真っ先に猫ひろしさんがあがってきます。
森脇健児さんもランニングで有名です。
元宮崎県知事の東国原英夫さん、お笑いタレントの間寛平さんも有名ですよね。
歌手の高石ともやさんはトライアスロンやマラソン大会に連続出場を果たしているランナーとしても知られています。
関西の元タレント、上岡龍太郎さんもランニング好きとして知られていました。

ランニング好きな美女たち

ランニング熱は女性の間にも広がってきています。
芸能人にもランニング美女がどんどん増加中です。
安田美沙子さん、長谷川理恵さんが芸能界の美女ランナーとして知られています。
ニュースキャスターの山岸舞彩さんは東京マラソン初参加で見事完走しました、
タレントのリサ・ステッグマイヤーさんもランニングにハマっている美女の1人です。

マラソンに出場する有名人

マラソン大会は芸能人や一般のランナーでも参加できるものが多いです。
特に最近はランニングブームでマラソン大会に出場する有名人が増えてきました。
全ての人がランニング好きかというと、テレビ番組の企画などで必ずしもそうではない場合もあります。
でも自ら出場して完走する人たちは、ランニングが好きなのでしょうね。
古くは1985年のホノルルマラソン、1999年のニューヨークシティマラソンで郷ひろみさんが好記録を出しています。
クルム伊達公子さんは現役のテニスプレーヤーでもありますが、2004年のロンドンマラソンで完走し、好記録を残しています。

まとめ

有名人も意外と運動不足になりがちなのか、ランニングにハマる人が激増中です。
ランニングは自分の体と相談しながら無理せずに行なえば、何歳になってもできるスポーツです。
芸能人をお手本にして、ランニングを始めてみるのもいいですね。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます