日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

カラオケで喉を大切にするために「のど飴」を口にポイッ

のど飴といえば「風邪など、喉が”イガイガ”する」ときになめると、イガイガが取れてすっきりするありがたいアイテムです。
では、「のど飴はカラオケで喉を傷めたときにも使えるのか」という議題は自然に思い浮かびそうです。
最近では普通の飴とあまり変わらないほどフルーティーな味わいになり、味に抵抗がなくなりました。
今回は、のど飴の中でもとりわけてすごいのど飴について紹介します。

実は”ボイスケア用ののど飴”があった。

Judith and Natalie's Wedding Karaoke
photo by Schezar

多種多様なのど飴を多く開発してきた会社である「カンロ」の商品のお話です。
実際に音大生の意見を基に作った本格的なボイスケアの用途ののど飴です。
商品名は「ボイスケアのど飴」と、用途そのままの率直さにも感服です。

ボイスケアのど飴の効果について。

2010_08_08_bracy_karaoke_065
photo by Doc Searls

カラオケで実際にこの商品を使ったユーザーの感想を拾ってみることにしました。
それらをまとめると以下のようなものに要約できました。
・「数十分で喉の腫れが治まる」。
・「通常ののど飴と同じ”スースー感”が得られるうえ、口全体もよく潤う」。
このような意見が共通して多く、不評は全く見られませんでした。
また、カラオケ店にはドリンクバーに給湯器がおいてありますが、これを使った「のど飴ドリンク」も好評です。
これはそのまま、給湯器からコップに注いだ湯の中に飴を入れて溶くだけです。
はじめの数曲で喉を傷めてせき込んでしまうような人には特におすすめです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます