日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ランニングを始めるときに覚えておきたい3ヶ条

ランニングを始めようと思った時、準備とか心構えとか、これだけは覚えておいた方がイイということを3つ紹介しましょう。長く続けるために、きっと覚えておいてよかったと思うはずです。

一大決心をしないこと

Dirty Girl 2013
photo by Hypnotica Studios Infinite

いろいろなスポーツがありますが、ランニングはやる時、一大決心する必要のないスポーツです。もし、今始めたいと思っているなら運動シューズに履き替え、外に出て下さい。いつもの歩くスピードからだんだん早足になり、走り出します。ちょっと息が上がってきたかなと思ったらその手前で歩き出せばいいのです。始める人にはこれだけで大きな一歩で、それぐらい始めやすいスポーツと言うことです。

休んでもかまわない

Flora Women's Mini Marathon In Dublin (2012) - Winner Was Linda Byrne
photo by William Murphy

目的に合わせて少しづつ時間と距離を伸ばしていきます。日頃の運動不足解消なら、1回に1キロ程度から始めます。また、30分程度ゆっくり走ってみる。これを1週間に2、3回やってみます。欲が出てきて自分にノルマを課したくなりますが、あえて自分のワガママを聞いてあげて、時に休んだりします。

競争しないこと

Adidas Dublin Marathon 2007
photo by William Murphy

慣れてきて時間と距離が伸びてくると、誰かと比べたくなります。ランニングしていると同じような市民ランナーとすれ違ったり、時に追い越されます。また、平均的ランナーの目安として、1キロを走る時間や、1回の目標距離などのデータを目にするようになります。この時、自分のレベルと比較する必要は全くありません。比較するなら、2ヶ月前に初めて100m走って息が切れた頃、半年前やっと1時間完走ができるようになった頃と比べ成長した自分を見てみます。

まとめ

Adidas Dublin Marathon 2007
photo by William Murphy

将来のハーフマラソン、あるいはフルマラソンへの挑戦ももちろん夢ではありません。この覚えておきたい3か条の趣旨は、ランニングを長く続けるためです。記憶にとどめておけば、いつしか数年続けている自分に気付きます。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます