日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

知っておきたい常識。カラオケと年齢の関係を学ぼう

カラオケの空間で年齢を気にしたことはあるでしょうか。確かに会社などで新入社員が初めてカラオケに誘われた時は、どのような対処方法をとればいいのか迷ってしまうことがよくあります。そこで、カラオケで年齢にまつわる関係について紹介します。

カラオケで年齢を気にしてはいけない!?

Judith and Natalie's Wedding Karaoke
photo by Schezar

カラオケでは基本的に年齢を気にしてはいけません。歌はみんなのものでみんなで共有していかなければいけないものです。それなのに上下関係を作ろうといい始めたらいろんなところで論争が起こってしまいます。なのでカラオケだからといって「どんな曲を歌えばいいんだろう」とか、「こんな曲を歌わないとまずいのかな」と思うのは避けましょう。自分で楽しめるような曲を選ぶのがポイントです。

上司と一緒にカラオケに行くときの注意点

Judith and Natalie's Wedding Karaoke
photo by Schezar

上司と一緒にカラオケに行くような機会に出会った時は、まずは上司の機嫌をうかがうというのが大事です。上司が「先に歌っていいよ」といったら快く引き受けてあげましょう。もし遠慮してしまうと空気が悪くなってしまう危険性があります。引き受けた後は自分の得意な曲を披露してあげましょう。先に歌ってもいいということは、自分からアピールするチャンスを作ってくれているということなので安心して歌うことができます。

カラオケは年齢なんて関係ありません。ただししっかりとした雰囲気の中で自分だけ並はずれたような曲を選曲するのはいけません。時と場合によって使いこなせるようになりましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます