日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

初めてランニングをする人は気をつけたい膝痛対策

ランニングを始めて膝が痛くなった、という話をよく聞きます。ランニング初心者の膝の痛みは、ベテランランナーの膝の痛みとは原因が違います。ここでは、初めてランニングする人は気を付けたい、膝痛対策をご紹介します。

膝痛の原因

Adidas Dublin Marathon 2007
photo by William Murphy

ランニング着地時には体重の3倍の衝撃がかかると言われます。初めてランニングをする人には基礎体力や筋力が不十分な状態なので、膝を痛めてしまいます。特にお皿周辺を傷めることが多いようです。

膝痛対策

Dublin City Marathon 2007
photo by William Murphy

対策としては、ランニングを始める前に衝撃に耐えられる筋力をある程度つけておくことです。

1.まずはウォーキングから
いきなりランニングを始めるのではなく、ウォーキングから入りましょう。30分ほどのウォーキングを数週間続けてから、少しづつランニングを取り入れていきます。
2.下半身の筋力強化
家で出来る対策としてスクワットがお勧めです。スクワットで大腿四頭筋を鍛えることで、膝痛予防になります。
3.ウォーミングアップとクールダウンは念入りに
ランニングを始める前には必ずウォーミングアップを行います。筋肉と関節の柔軟性を高め、怪我防止につながります。ランニング後はクールダウンを行います。筋肉の疲労を取ることに役立ちます。
4.ランニングシューズで走る
必ずランニングシューズで走りましょう。初心者用のランニングシューズは、衝撃を和らげるクッション性が高く作られています。

膝を痛めてしまうと日常生活にも影響が出る可能性があります。初めてランニングを行う場合は、十分に対策してくださいね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます