日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ランニング中に聴きたいおすすめの邦楽3選

ランニングの時には黙々と走るより、音楽を聴きながらのほうがテンションも上がるしリズムも取りやすいですね。
マラソン選手も練習の時には実行している人が多い音楽を聴きながらのランニング。
どういう音楽がランニングの時によく聴かれているのか、邦楽3選をご紹介します。

爆風スランプの「Runner」

Thumbs up
photo by Stewart Dawson

まずは爆風スランプの1988年のヒット曲、そのタイトルもズバリ「Runner」です。
爆風スランプにとっても代表曲となるこの曲は12枚目のシングルで、この曲で紅白歌合戦にも出場しました。
発売からかなりの年数が経った今でも、スポーツのシーンで応援歌として使用されることが多いです。
もちろんランニングの時にもピッタリです。

ZARDの「負けないで」

Runners297.MCM.NationalMall.WDC.26October2014
photo by Elvert Barnes

ZARDの「負けないで」はZARDの代表曲でもあり、最大のヒット曲でもあります。
今でも、あらゆるシーンでの応援歌として歌われています。
チャリティー番組のマラソンシーンで毎年歌われていることから、ランニングに合う曲としてのイメージも強いです。

hitomiの「LOVE2000」

Flora Women's Mini Marathon In Dublin (2012) - Winner Was Linda Byrne
photo by William Murphy

この曲はシドニーオリンピックの女子マラソンで優勝した高橋尚子さんが練習時によく聴いていた曲として有名になりました。
アップテンポでランニングの時にとても合いそうな曲です。
シドニーオリンピックが終わってしばらくはQちゃんブームが続いていましたが、この曲も同時にあちこちでよく聴かれるようになりました。
今もランニングの時に合う曲としてランクインすることが多いです。

まとめ

IMG_4757
photo by Franklin Heijnen

ランニングの時にはテンポのいい自分の好きな曲を聴きながらだと、モチベーションも上がりますよね。
ランニングの時に聴くのはこの曲!という自分だけのランニングソングを見つけてみるのもいいですね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます