日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

登る前に鍛えよう!登山に必要な体力づくりの方法

登山をしてみたいけど、体力に自信がないという人は多いですね。
何か登る前に体力づくりができるのならやっておきたいという場合は、何をすれば良いのでしょう?
登山を楽しむために、登る前にできることを少し考えてみましょう。

サーキットトレーニングで筋力アップを

登山はそれほど優れた筋力を必要とするものではなく、スピードも必要ありません。
ただ黙々と長時間足を動かし続けて頂上を目指していくわけですから、持久力は必要です。
ある程度の筋力と体力が必要なのは言うまでもありません。
急に運動をすると、登山の翌日にはひどい筋肉痛になってしまうことも多いので、普段から無理のない程度の体力づくりは必要です。
腕立て伏せとスクワットを組み合わせた程度のサーキットトレーニングを定期的に行なうことによって、登山に必要な程度の筋力をつけることができます。
普段、運動不足だという人は、ぜひ始めてみてください。

ウォーキングを習慣に

ウォーキングを習慣にしてしまうと、登山のためと言うよりも健康づくりのためにも、とても良いですね。
最初から長い距離をがんばってしまうと続かなくなりますので、楽しみながら続けられるように工夫してみましょう。
階段の上り下りや、今話題の踏み台昇降運動も効果的です。

ハイキングで予行演習

近くにハイキングができるようなところがあったら、予行演習のためにもハイキングに行ってみると良いのではないでしょうか。
登山は手ぶらで登るということはできません。
背中に重い荷物を持って登りますので、ハイキングだと一番シミュレーションしやすいですね。

まとめ

体力づくりのために登山をするという人も多いですので、普段も体力にそこそこ自信があるという人は、特別な体力づくりをする必要はないのかもしれません。
でも普段、運動にあまり縁がないという人は、簡単な体力づくりはしておく必要がありそうです。
ただし無理はしないようにしなくてはいけません。
肝心の登山が、体力づくりのトレーニングで頑張りすぎて故障してできなくなったということは避けたいですね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます