日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ランニングで減らせる体重と筋肉の関係を知ろう♩

ダイエットや、健康のためにランニングを考えている人もいるのではないでしょうか。でも体重を落とすと筋肉がつかないし、筋肉をつけると体重が重くなるなんて話はよく聞きますよね。そこで今回は、ランニングによる体重と筋肉の関係について紹介していきたいと思います。

効果の時間

まずは、ランニングをすることによって体に何の変化が訪れるのでしょうか。およそ30分はランニングしないと脂肪燃焼が開始されません。なので、30分以内しかランニングしない人は全くもって意味がないということになります。脂肪燃焼されることにより体重が減るので、まずは30分以上走ることが大切です。

筋トレ

次に、筋肉ですが、あまり筋肉をつけたくないから走る時間も少なめにと考えている人がいたらそれは大きな間違いです。ちょっとやそっとでは筋肉はつきません。それこそアスリート並にやらなければ脂肪燃焼くらいしかできないので、女性の方が少しダイエットをするのに走る分には何の問題もありません。そこで、脂肪を燃焼させるだけではなく筋肉をつけたいと言う人には筋トレがオススメです。ただ、筋トレ単体やランニング単体でやっては意味がありません。この2つがセットで初めて意味があるのです。ちなみに筋トレはランニングの前にやることをオススメします。

まとめ

いかがだったでしょうか。ランニングもただ走るだけでは意味はありません。やる時間や内容を重視して、意味のあるランニングを楽しんでみてくださいね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます