日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

楽しく目標を達成するめに〜ランニングした後に飲むプロテインにはこんな効果があった〜

昔から「筋トレ」用のサプリメントとして引き合いに出されてきた「プロテイン」。
コンシューマー向けのバリエーションが充実した今でもプロテインに対する誤解があります。
今回はプロテインの正しい理解とランニング後の効果について説明します。

プロテインは筋肉をデカくするような効果はない!!

cph marathon '11-1013
photo by Bo Jørgensen

筋肉を育てる大きな栄養素である炭水化物やたんぱく質などは食事で事足りてしまうのです。
プロテインの真の魅力はこうした栄養素以外のマルチビタミンやミネラル分を簡単に瞬時に摂れること。
また、すっぱいのは「クエン酸」という疲労回復物質が含まれているからです。
簡単にはプロテインは「酷使した筋肉を効率よく休ませるためのサプリメントにすぎない」のです。

ランニング後、特に就寝前に効果を発揮!!

The 32nd Dublin City Marathon - October 2011
photo by Peter Mooney

どの時間帯でもランニング後のプロテインは、傷んだ筋肉の修復を行います。
したがって、一日の残りや翌日以降疲れを持ち越さないようにしてくれます。
特に夜ランニングをする場合には良い効果があります。
夜ランニングをして就寝前に一杯プロテインを飲むことを考えます。
夜、就寝前は起床まで、傷んだ筋肉には栄養が送られません。
そこでプロテインでクエン酸はじめ、マルチビタミン/ミネラルや筋肉の原料のたんぱく質を摂っておきます。
こうすると運動後の程よい疲れとプロテインの相乗効果で睡眠効率が飛躍的にアップします。

ランニング後のプロテイン、その正体とは!?

Limassol Marathon, #Cyprus 2014
photo by Thulborn-Chapman Photography

プロテインは筋肉増強剤のようなものではなく、日々の充実した生活のサポーターだったのです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます