日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

登山をするなら自分に合ったザックを比較して選ぼう

登山では、荷物をザックに入れて背負うのが基本です。失敗しないザック選びをして、機能的なザックで登山を軽快に楽しみましょう。

用途に合った容量

自分の登山スタイルに合った大きさ(容量)にすることが大切です。ザック選びの最初の基準は、大きさ(容量)です。ザックの大きさは、中身の容量をリットルで表します。ハイキングや日帰り登山なら、25リットル前後が適しています。日帰りから1泊程度の山小屋泊まりなら30~40リットルです。テント泊となると荷物がぐんと増えて、50~70リットルが必要です。また、長期に渡る縦走では、70リットル以上が必要となってきます。

タイプ・機能

ザックの形は、上部に雨ふたが付いたタイプと、ファスナーで開閉するタイフの2つに大別されます。雨ふたタイプは、雨に強く、雨ふた部分にも収納でき容量を調整できます。ファスナータイプは、大きく開けることができ、出し入れに便利です。

体型とザック

容量やタイプが決まったら、自分の体型に合うかどうか、背負って確認します。ポイントは、「背面の長さ」です。しっかりと装着した後、ショルダーベルトのラインが肩のラインと合っているのが理想です。ぴったりと体型に合ったザックは、軽く感じられ、長時間背負って歩いていても疲れにくいのです。

まとめ

ザックは普段使用しているものとあまり違わないと思う人がいるかもしれません。しかし、登山用のザックは、重い荷物でも疲れにくく、使いやすいようにさまざまな工夫がなされています。その差は一日中背負って歩いていると、歴然となります。そのため登山用ザックの中から、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます