日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

挑戦したい山がそこにある!おすすめの登山スポット 福岡編

福岡県の山は標高では他県の山々にはおよびませんが、低山ならではの魅力ある山がたくさんあります。

宝満山(ほうまんざん)

福岡県の山では、登山者の人気ナンバーワンの山です。四季を通じて毎日のように登山する人の姿が見られ、名前の通り宝が満ちている山です。自然に恵まれた上に整備が良く、登山口は四方数ヶ所に有ります。登山口として代表的な入口は、太宰府天満宮より「かまど神社」の正面からです。急な石段の上に上宮があり、そこが山頂です。頂上からの展望は抜群で、福岡市街地や筑後、九千部、背振山系などを見ることができます。標高は、869mです。

貫山(ぬきさん)

北九州国定公園の平尾台は広大なカルスト台地で、石灰岩の岩が羊の群れのように散らばっています。これを羊群原と言い、その広々としたカルスト台地の最高峰が貫山です。羊群原の中のならだらな道を登ると貫山頂に着きます。頂上からは平尾台が一望の元に見え、東側の曽根方面から北側の湯川方面も眺望できます。秋はススキの穂が美しく、千仏鍾乳洞など3つの鍾乳洞はスリリングです。標高は、712mです。

英参山(ひこさん)

英参山は福岡県を代表する山で、日本三大修験場の霊山です。表参道の泰弊殿、南コースの樹齢1200年の鬼杉・玉屋神社、北コースの望雲台など各コースに名所が有ります。また、杉の巨木やブナ林、カエデ、ドウダンツツジなどの自然が豊富に有り、1日では回りきれないほどです。標高は、1200mです。

まとめ

宝満山、貫山、英参山はいずれも観光に適し、個性的な山々です。北アルプスなどの雪山登山と違い、家族で登りやすい山々と言えます。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます