日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

カラオケの精密採点で高得点を取る方法とコツ

現在カラオケで使用されている機種の系統は「JOY」と「DAM」の2つ。
JOYの採点シリーズは「分析採点」と呼ばれ、DAMのそれは「精密採点」と呼ばれます。
今回は精密採点で高得点を取る方法とコツを紹介します。

①:精密採点の最難関「精密採点DX」にも高得点のコツがある!

現在最も正確で、特に判定の厳しい採点メカニズムである「精密採点DX」。
しかし、逆に言うとここで高得点が取れると、他の精密採点シリーズでもつぶしが効きます。
所詮は機械の分析なので、どこか高得点を取る秘訣があるものです。

②:精密採点DX、高得点のコツ!!

まず、もっとも大きな判定要素である「音程」について正確率を上げるコツです。
「長いバーだけを重視して歌いきる」ことです。
メロディーの各節のバーは、長い区切りほど点数がかかっています。
ここだけしっかりと合わせるだけで、全部無理に歌うよりも正確率が格段に伸び、点数がアップします。
さらに「ロングトーン」と「安定性」は共通したコツがあります。
「”しっかりした声”で長いバーのはじめから終わりまで同じ声を保ったまま歌いきる」ことです。
「しっかりした声」とは、「しぼんだ袋をパンパンにするような息の吐き方で出した声」です。
「ビブラート」は「舌を犬のように大げさに出した状態で声を揺らす」ようにすると判定されやすくなります。

③:精密採点DXで高得点を取る方法まとめ。

②で紹介したコツ通り、これを長いバーで確実に取れるよう、ここだけでピンポイントに練習しましょう。
これが確実にできたら全節でこれができるように細かく極めていくだけです。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます