日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

歌が上達するためのカラオケにおける「ピッチ」のあれこれ

カラオケの曲目入力画面でよく目にするテンポ変更やキー変更のボタン。ありますよね?
知っている方も多いと思いますが、テンポは「曲の進むスピード」。上げれば早くなり、下げればバラードのようにゆったりになります。
今回解説するのはもうひとつのボタン「キー変更」、つまりピッチです。

まずは歌いたい曲を「自分の声」に合わせて

ピッチは通常あまり変更することはおすすめしません。理由はそればかり使って歌うと、原曲そのものの音の高さを覚えられない・忘れてしまうからです。
ですが、極端に高い声を出さなければならない場合や、逆に女性が男性ボーカルの低い声に対応するためには必須といっていいでしょう。
自分の歌いたい曲を歌いためにはピッチ変更もOKです。

ピッチ変更で歌の練習

ピッチを変更し、歌いたい曲のメロディを覚えるのもカラオケ上達に役立ちます。
前書したとおり、ピッチ上げを行うと元の曲の高さが分からなくなる可能性や、その曲をよく聴いている人、もしくは音感能力が高い方は聴くだけで「あれっ?」と思われてしまいますが、メロディそのものの変更はないので、楽譜として覚えるには適しています。

最終的にはあくまで「原曲キー」のピッチにこだわりましょう!

と、見出しにこんな事を書いておいてなんですが、人にはそれぞれ出る、出ないといった声の広域があります。
それを広げるためにはボイストレーニングを行う他ありません。
そんなお金も暇もない! というひとが多いはず。
ですが、原曲ならではの良さを楽しむためにも最終的には原曲のピッチをお勧めします。

まとめ

色々と書きましたが、カラオケは人にお金を払ってもらい、自分の歌を聴いてもらう場所ではありません。
自由に好きなように歌って楽しめればそれでいいので、ピッチ変更は歌いやすくなる・面白く歌える。という点では変更することも決して悪いことではありませんのでご安心ください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます