日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ランニングでの注意事項〜爪を守るための正しいシューズの選び方〜

足に合わないシューズをはいてランニングをしてしまうと、爪を傷める原因になります。爪に黒い血マメができたり巻爪になったりしてしまいます。足に合ったシューズを選ぶことは、とても大事です。爪を守るための正しいシューズの選び方をまとめてみました。

足に合うシューズの選び方

小さすぎるシューズを選ぶと爪に負担がかかり爪を傷めてしまいます。最低でもつま先から足先までは一センチあるようにします。靴ひもがあるシューズの場合はかかとをトントンと靴底に合わせます。一センチの幅を確保したらそのまま紐をしめます。かかとがしっかり固定できるか、足幅がきつすぎないかということもチェックします。

足のサイズの測り方

実際に足のサイズを測ってみます。一番長い指先からかかとまでの足の長さをはかります。同様に足の幅が一番広い所をぐるりと一周してはかります。このサイズを目安にして靴を選んでみます。実測値からプラス一センチほど余裕のあるものが良いです。

その他注意点

実際に履く靴下を持参すると良いです。初心者は特に靴底がしっかりしていてクッションになるようなものをおすすめします。靴を履くときは両足ではいて、実際に少し歩いたり、しゃがんだりして試してみます。

まとめ

おしゃれな靴にあこがれますが、足に合っていないと爪がぼろぼろになってしまうので注意が必要ですね。楽しく安全にランニングを続けるためにも、ジャストフィットするものをぜひ選んで下さい。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます