日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

気になる謎を解決!登山にかかる初期費用について

登山を始める場合、初期費用はどの位かかるのでしょうか?初期費用と最低限必要なものについてまとめてみました。

登山靴

登山で最低限必要な装備は、登山靴・雨具・下着です。まず、登山靴ですが、普通の運動靴と違い、防水性・滑りにくさ・フィット感などに優れ、絶対に必要です。登山者は登山靴に命を預けて登っています。また、ミドルカットやハイカットの靴なら、足首が固定され足をひねったりすることを防げます。金額としては、15000円程度の出費となります。

雨具

山では天候が急変するため、朝は晴れていても途中で雨に変わる場合も多くあります。雨に濡れた体は体温の下がり方が激しく、夏でも低体温症になることもあります。遭難を避けるには、悪天候では登山を諦めることが第一です。しかし、どうしても悪天候に遭遇した場合は、自分を守ってくれるのは雨具と防寒具です。雨具は防寒具としても使用でき、妥協せず用意することが必要です。登山靴同様、防水性・通気性が高い・フード付きのものを上・下揃える事が大切です。金額的には、25000円くらいです。

下着

下着は、汗が乾きにくい綿製品は不適切で、速乾性の素材であるポリエステルが必要です。登山中は必然的に体が温まっていますが、立ち止った時には汗が冷えて急に体温が奪われます。3000円~5000円くらいの値段です。

まとめ

登山では最低、登山靴・雨具・下着が必要です。金額的には、5万円くらいが必要です。あと一つ追加するとすれば、天候悪化の非常用装備としてのシェルター(テント)です。シェルターは、数万円かかりますから、ザックやトレッキングポール・帽子などの装備を加えると10万円くらいにはなります。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます