日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

懇談会の幹事を任された!基本的な挨拶と例文まとめ

挨拶を頼まれても、普通の人なら緊張したり何を話したら良いのか、困ってしまいますよね。「あがらないように」と思っても、どうしてもうまくいかないのが普通です。周りの人に「落ち着いて」と言われても、鼓動は高まるばかりで、「失敗したらどうしよう!?」と不安になる事もあるはずです。今回はそんな幹事さんのために懇談会の挨拶について解説します。

基本的な挨拶ってどうしたら良いの?

基本的には挨拶をするのは会の始めと終わりだけです。それぞれの挨拶の目的は以下のようになります。

・開会の挨拶
参加者に対して来てもらったお礼と、挨拶の後の流れをお知らせする。
・閉会の挨拶
有意義な意見交流が出来た事へのお礼と懇談会の感想を述べて、会をしめる。

開会の挨拶の例文(会社の懇談会編)

「皆さま、お忙しい中、足を運んでくださりありがとうございます。今回は、『○○』というテーマに基づきまして、意見を交流したいと思います。活発な意見交流をして、有意義な交流をしていきましょう!」

終わりの挨拶の例文(会社の懇談会編)

「今日は沢山の参加者に恵まれ、意見が意見を呼ぶという有意義な時間を過ごせた事を嬉しく思います。新入社員からの斬新なアイデア、ベテラン社員からの実績に基づいた提案等、私自身もとても勉強になりました。それではこれにて懇談会を閉会させて頂きます。本日はありがとうございました。」

まとめ

懇談会に参加者が楽しいひと時を過ごせるように、快い挨拶を心がけましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます