日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

納涼船に乗りたい!船酔いするあなたでも楽しめる方法

夏の夜を彩る納涼船には魅力がいっぱい。夜景を見ながら乾杯をしたり、パーティをしたり、ときには花火も見たりします。仲間や友達とわいわいがやがや楽しいのに、船酔いだけが心配なあなた。船酔いは体質だからとあきらめないで、できるかぎりのことをして楽しみましょう。

体調管理

注意することによって、ある程度船酔いは避けることができます。乗船時の体調が一番大事です。体調がすぐれないときは避けるのは当然ですが、満腹、空腹、どちらでも酔いやすくなるので軽めの食事を取って乗るようにしましょう。前の日の飲み過ぎはストレートに体調に反映します。また便秘も船酔いの誘因となりますので要注意です。

気分転換

あまり船酔いのことばかり考えているとかえってよくないので、気分転換をはかりましょう。デッキに出て夜景を眺めたり、海の色が変わっていくのをみたりするのもいいですね。友達としゃべったり、歌を歌ったり、時には踊っちゃうのもいいかもしれません。船内ではイベントがあったりするので、イベントに参加しちゃおう。

まとめ

どうしても心配な人は事前に酔い止めを飲む方法もあります。船の中心部の下層デッキは比較的揺れが少ないといわれています。椅子に座る時は進行方向を向いて座るようにします。。その他こまめに水分を取ったり、ガムをかんで口を動かすといいようです。絶対酔わない方法というのはなかなか難しいですが、軽くすることはできるので工夫してみてください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます