日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

皇居ランをする際に知っておくべきランニングルール

皇居周辺は観光地であるとともに、ランニングスポットとしても有名です。
皇居周辺でランニングをする人は急増していますが、ランニングをする人、歩行する人、自転車で通行する人が混在しているためにトラブルも起こる恐れがあります。
そのため歩行者や自転車で通行する人たちも安心できるように、皇居ランをするときのためのルールが定められました。
これから皇居ランをしようとする人は、ぜひ頭に入れておいて下さいね。

走行に際してのルール

皇居ランは原則的に左側走行です。
狭くなっているところでは追い抜きは避けて、一列になって走行しましょう。
反時計回りの走行を守り、逆走しないように注意しましょう。

アクシデントを避けるためのルール

時間帯によって、またイベントなどの影響で混雑する場合があります。
その場合でもタイムにこだわることは控えて、一旦止まるくらいの余裕を持って衝突や接触を避けるように心がけましょう。
追い抜き、追い越しの場合は、一言声をかけるようにしましょう。
追い越した後は「ありがとうございます」とお礼を言うことも忘れずに。
グループで走るときは広がらないように工夫しましょう。
ランニングが終わったら、他の人たちの邪魔にならないようにクールダウンの場所も注意しましょう。
集団で歩いたり立ち話をするのは控えましょう。

自分と環境を守るためのルール

音楽を聴きながら走るときは、プレーヤーの音量はなるべく絞っておくようにしましょう。
周りの音を確認できるくらいの音量にしておくようにして、危険を避けられるようにしておかなくてはいけません。
ゴミが出た場合は、必ず持ち帰るようにしましょう。

まとめ

他のランナーの邪魔にならないように注意する、ゴミは必ず持ち帰るというのは、どこで走るにも当然のエチケットですが、左側通行、反時計回りというのは知らない人もいるかもしれません。
要するに他のランナー、歩行者に対する思いやりの心を忘れないようにということですね。
これから皇居ランを始めようとする場合は、ルールを頭に入れた上で、無理をしないようにランニングを楽しみましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます