日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

子供のクラスの懇談会で他の保護者と仲良くなるコツ

子供のクラスの懇談会で、他の保護者とどのようにすれば仲良くなれるでしょうか。緊張して何も話せない!と思うかもしれませんが、実はどの保護者も似たようなことを考えているものです。お互い緊張して不安なので、まずは笑顔で挨拶するところから始めてはいかがでしょうか。では、仲良くなるためのきっかけについてご紹介します。

お天気の話題

とりあえずは、お天気の話から入ってはいかがでしょうか。誰にでも話せる話題です。今日は暑いですね、寒いですね、雨が続いて困りますね、などの簡単なことです。だいたいは同意してもらえますし、そこから話が広がって仲良くなれるきっかけになります。

子供同士が同性の保護者に話しかける

お互いの子供が男の子同士、女の子同士だと話のきっかけが作りやすいです。子供が同性の保護者に話しかけてみてはいかがでしょうか。男の子ならではの悩み、女の子の楽しさなど、共通の話題がたくさんあります。子供が仲良くしているお友達の保護者に挨拶を兼ねて話しかけることは、特に良いきっかけになります。いつもお世話になっています、と話しかければ相手も同じ立場ですから、仲良くなりやすいです。

笑顔でいること

一番大切なことは、笑顔で接することでしょう。それだけで相手の緊張はほぐれます。ニッコリ笑顔で話しかければ、仲良くなるきっかけになります。ニコニコしていると、他の保護者さんも話しかけやすくなりますよ。

まとめ

懇談会に出席したら、笑顔でいましょう。最初のきっかけは簡単なことで構いません。気軽に話しかけて、共通の話題を見つけましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます