日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

同窓会に誘うためにはがきで送りたい。

同窓会の開催告知をするときには、メールや電話での連絡ができない相手が出てきます。そんなときには、ハガキで招待状を出すことを検討します。

ハガキで告知するとコストが安い

ハガキで同窓会の開催を伝える方法は、コストを抑えることができる点で優れています。大量の相手に対して同じ情報を伝えるにあたり、ハガキであれば費用を想定額内におさめやすいです。

ハガキだと気軽に伝えられる

ハガキを用いた同窓会告知は、あまり親しくなかった相手に対しても気軽に開催の情報を伝えられる点もメリットです。親しかった友人であれば、メールや電話で直接開催を伝え、同窓会を一緒に心待ちにすることができますが、あまり付き合いのなかった同級生に対しては、コミュニケーションをとるだけでも気が引けてしまうことがあります。こうした場合にも、ハガキであれば気負うことなく同窓会の開催を伝えることができ、より多くの参加者を集めやすくなります。

往復ハガキだと回収率が高い

同窓会の告知をする際には、往復ハガキを活用しましょう。往復ハガキだと受け取った側も切り取って出欠を記入した紙をポストに投函するだけなので、参加の可否を把握しやすくなります。

ハガキをうまく使って楽しい同窓会にしよう

ハガキをうまく活用することによって、より多くの同級生に同窓会の開催を伝えやすくなります。また、だれが参加するのかも把握しやすくなるので、会場の手配などの準備が丁寧に行え、楽しい同窓会につながります。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます