日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

行ってよかった北海道の花火大会厳選3選

勝毎花火大会

勝毎花火大会の打ち上げ数は道内最大級の2万発です。ここの花火は音楽と照明、そして花火のコラボによる国内最高峰の演出で観客を魅了します。サプライズ演出や地元参加型花火など見どころが満載です。そして勝毎花火大会の代名詞ともいえるグランドフィナーレの「錦冠(にしきかむろ)」。夜空いっぱいに広がる錦冠を見上げると自分の上に覆いかぶさってくるような感覚になります。会場は十勝大橋の下流、400m付近にある十勝川河川敷特設会場です。

●交通:交通JR帯広駅から徒歩20分。JR帯広駅、特設駐車場から有料シャトルバス運行。会場周辺に駐車場無

釧路大漁どんぱく花火大会

「どんぱく」とは、打ち上げ花火の「どん」という音と食べ物をおいしく食べるときの「ぱくぱく」を合体させた造語です。9月の初めに行われるイベントで、北海道ならではの味覚と秋の夜空を彩る豪快な花火を一度に堪能できます。職人が腕をふるう「どんぱく屋台」では、そば・寿司・ラーメン・炉ばた・菓子・地酒が楽しめます。そして祭りを大いに盛り上げるのが花火大会。ナイアガラやスターマインはもちろんのこと道内唯一の三尺玉の打ち上げ、台船からの打ち上げなど約8000発が打ち上げられます。

●交通:JR釧路駅から南へ徒歩15分。道東自動車道音更帯広ICから車ですぐ(アグリアリーナ特設無料駐車場)。帯広広尾自動車道帯広川西ICから車ですぐ(北愛国交流広場特設無料駐車場)特設駐車場から有料シャトルバス運行。会場周辺は駐車場無 

モエレ沼芸術花火

自然の中、アート作品が公園内に点在するモレエ沼公園を会場として行われる花火大会です。もともとは「モレエサマーフェスティバル」として始まったものでしたが、名前を「モレエ沼芸術花火」と改名して、花火を芸術作品にまで高め、人気を集めています。特にコンピュータ制御によって、花火の滞空時間と音楽とをピタリと合わせた「花火イリュージョン」はまさに芸術作品です。打ち上げは尺玉を含む1万2千発。これを50分の短い時間にノンストップで打ち上げる壮大さは他ではなかなか味わうことができません。

●交通:札幌市営地下鉄栄町駅から中央バスモエレ沼公園行に乗り30分、モエレ沼公園下車すぐ。札幌市営地下鉄麻生駅から中央バスモエレ沼公園行に乗り40分、モエレ沼公園下車すぐ。地下鉄栄町駅または麻生駅から有料臨時シャトルバス有

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます