日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

効率的にランニングを行うために〜疲れを劇的に回復する方法〜

ランニングを行った後の疲労の原因と解決策を調べることにしました。

①:ランニングによる疲労は「筋肉疲労」

人間の疲労は大別して
・運動による疲れ(筋肉疲労)
・精神的ストレス
・環境的なストレス
で、ランニングによって引きおこる疲労は、主に一番目の筋肉疲労と呼ばれる疲労です。

②:ランニング後の疲労回復のコツ 朝編

最近では「朝の数分のランニング」効果が叫ばれ、実践している方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、寝起きにいきなり走るのがよいわけがありませんね。
運動前に水分を摂り、最低限身体が動かせるように飴でもなめておき、筋肉に運動を促す脳にエネルギーを与えます。
運動後にいきなりシャワーはNGで、水分を摂って、身体を落ち着かせてからにします。
食事は一日の活動を考えてビタミンによる疲労回復と糖分によるエネルギー補給を意識して摂ります。
また、「疲労にはビタミンC」のイメージがありますが、実際代謝によるエネルギー生成にはB1が必要だそう。

③:ランニング後の疲労回復のコツ 夜編

夜は特に入浴のタイミングがキーになります。
走ってからすぐに入浴すると、水分の欠如に拍車をかけ、身体は内側の水分をなんとかとどめようとします。
しかし、それによって老廃物の排出が行われず、結果として血流が循環が滞り、疲労の原因となります。
まずは水分補給という点は朝と同じです。

④:ランニング後の疲労回復のポイントまとめ

疲労回復には
・ランニングの前後の水分補給
・水分摂取後のシャワー/入浴
・目覚ましの糖分摂取/活動のためのビタミン・糖分摂取
が大切!!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます