日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

キャンプで焚き火をするときに必要な道具まとめ

キャンプで楽しい時ってどんな時ですか?
食事を皆でしている時、テントを作っている時などありますが、焚き火も醍醐味ですよね。
そこで、キャンプでの焚き火で必要な道具をまとめてみました。
持ち忘れがないようにしましょう。

焚火台

バーベキュー用のグリルでも大丈夫ですね。
キャンプやバーベキューで網を使って料理をすることも出来ます。
色んなサイズや形があるのでお好みのモノを選びましょう。

ナタ

薪を作る時にとても便利。ノコギリでももちろん代用は可能ですが、用途によって使い分けると便利です。

革手袋

焚火台や火の近くで火傷や怪我をしないために使用します。
ない方は、軍手でもいいかもですが、気をつけて下さい。

火バサミ(トング)

炭を扱うわけですからね。料理をする時などにも使いますので、忘れることはないと思います。

これも大丈夫ですね。火力も強く時間も長持ちの燃料です。

テーブル

なくても出来ないことはないですが、仲間と火を囲ってテーブルがあると何かと便利。
ステンレス製の物が使いやすいです。

着火剤

火をつけやすくするために使います。多めに用意をしておくといいです。

チャッカマンやライター

他にはガスバーナーでもいいですね。ライターはちょっと使いづらいと思うのでガスバーナーかチャッカマンが便利。

うちわ

火の粉を払ったり、火を強くするなど何かとキャンプで使いどころが多いです。

まとめ

キャンプで焚き火をする時に使う道具をまとめてみました。
より焚き火を楽しくする為に、ランタンやトライポッドなどがあると雰囲気があって楽しめると思います。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます