日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

フットサルをしよう!初めてでもできる、初心者用テクニックまとめ

ブームになっているフットサル。
私の周りでも休日にフットサルをしている友人、知人は多くいます。
サッカー経験やフットサル経験がない初心者でも参加しやすいメリットがあります。
大きく普及をした理由の1つですが、やっぱりある程度は自分がイメージするようなプレーはしたいものです。
フットサル初心者用のテクニックをまとめてみました。

足裏トラップ

自分に向かってきたボールを足の裏で止める技術ですね。
これだけ書いてしまうとテクニックと感じないかもしれませんが、実はフットサルは足裏の使い方がとても重要なスポーツ。
最初はボールに慣れる気持ちでいいので足裏でトラップをしましょう。
慣れてきたら、動きながらなど自分なりに自然とアレンジが出来るはずです。

足の内側を使ったパス(インサイドパス)

強いシュートや強いパスなどは初心者に難しいです。
身体で覚えるまでしばらく時間がかかりますので、最初は足の内側を使ったキックをするようにすればパスの方向などもずれにくいのでおすすめです。
先ほど、足裏でのトラップを紹介しましたが、トラップの時に足の内側も使ってみてもいいですよ。

シュートもインサイド?

インサイドでシュートするのも初心者の方におすすめのキックの仕方です。
パスと同じように蹴る方向がズレにくいですし、パスより強く蹴る意識で。
チャンスの時は初心者でもゴールしやすいキックですし、ボールの蹴り方の基本ですので、慣れておきましょう。

まとめ

初心者用として、使えるテクニック
・足裏トラップ
・インサイドパス
・インサイドシュート
の3つでした。
初心者は、試合の時に、守備的なポジションにならない事も多いのでインサイドで蹴りやすいパス、シュートを覚えるようにしましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます