日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

そのまま焼くんじゃもったいない!バーベキューのいろいろな味付けレシピ

バーベキューで食材にはどんな味付けをしていますか?せっかくの食材をそのまま焼くんじゃもったいない!色々な味付けレシピをご紹介します。好きな味を探しましょう。

パイナップル

パイナップルの酵素はお肉を柔らかくしてくれます。また果実の甘酸っぱい味と香りは子供も大好きで、たくさん食べてくれること間違いナシです。豚肉ならお酒と醤油、パイナップルの果汁を混ぜたタレに漬け込んで焼くのがおススメ。鶏肉ならば串にパイナップルと交互に刺して塩を降ると、しっとり焼けます。

ヨーグルト

タンドリチキンをお手本にして、ヨーグルトに漬け込んで焼いてみましょう。ヨーグルトにみりんと味噌、おろしにんにくを混ぜたタレに鶏モモ肉を切らずに漬け込みます。好みでカレー粉を少しいれるとタンドリチキンになりますよ。焼くときは軽くタレを落とします。たっぷり付いたままだとコゲる原因に。

お酢、ビネガー

お酢の酸味は熱を加えると甘味に変わります。お醤油、酒、はちみつをベースにして、そこにお酢やワインビネガー、バルサミコ酢のどれかを少し加えて漬け込みダレを作ります。スペアリブやブロック肉もおいしくなります。市販の漬け込みタレにちょっと足してみるだけでも、新しい味に出会えます。バルサミコ酢を煮詰めて、焼き魚にかけたりアイスクリームにかけるとこれまたおいしいので、ぜひお試しくださいね。

まとめ

これらのレシピなら、同じ素材でも3種類の味付けバリエーションが完成します。大人も子供も好みの味を見つけましょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます