日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

サッカー 技術【ディフェンス編】

サッカーは点を取るスポーツですが、取った点以上に取られてしまっては負けてしまいます。そうならないためにもディフェンス力のアップは重要です。今回はディフェンスの技術についてご紹介します。

ディフェンスの姿勢

ボールを持った相手に対してのディフェンスの姿勢ですが、棒立ちになっていてはいけません。棒立ちだと相手に一瞬で交わされてしまいます。そうならないために重心を落として足をべったりと地面につけずにすぐに動き出せる体制を取ります。そして相手をどちらの方向に誘い込みたいかによってそちらを向くように半身の姿勢を取ります。これをやり過ぎると、相手に逆をつかれて一気に置き去りにされてしまうので注意しましょう。

1対1に強くなる

1対1に強くなるには、現状の自分がどのように弱いのかを分析する必要があります。自分が誘いこんでいるサイドに誘導しているにも関わらず置き去りにされるのであれば、瞬発力が足りないとか間合いが近すぎるなどが考えられます。また逆を取られるのであれば、半身が極端すぎるのかもしれませんし、逆を取るような動きを相手にさせてしまっている間合いがいけないのかもしれません。

読む力を強くする

目の前の相手がどういう動きをするのかを読む力を養うには様々な状況をシミュレーションする必要があります。また相手の特徴を掴むことも必要になってきます。ただし裏をかかれる可能性もありますので、それを含めてカバーできるようなポジショニングや動き出しが必要となってきます。

まとめ

相手からボールを奪う快感がディフェンスにはあります。今回ご紹介したディフェンス技術を習得して素晴らしいディフェンダーを目指してください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます