日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ツーリングに行くときにみんなどんなブーツを履いているのか

皆さんはツーリングのときにどんなブーツを履いていますか?
ファッションは足元からといいますしブーツにもこだわりたいですよね。
ですがいくらオシャレなブーツでも安全面が疎かになっていては安心してツーリングは楽しめません。
ではどんなブーツが安全なのか3つのポイントを紹介します。

踵のあるもの

まず1つ目のポイントとしては踵があるものです。
バイクの正しい姿勢としてステップに土踏まずを乗せます。
そうすると踵がステップに引っかかりクラッチやブレーキの操作がしやすく無駄な力が入りにくくなります。
正しい姿勢を保つことも安全な操作に必要なことなので踵は大切なポイントとなります。

踝が隠れているもの

2つ目のポイントはクるぶし踝が隠れているものです。
「え?バイクに乗っていて踝が関係あるの?」と思っていませんか?
ではバイクで転倒しバイクと一緒に地面を横滑りしている姿を想像してみてください。
バイクにはさまれた足の踝が地面に削られると思いませんか?
それ以外にも足首は転倒したときに一番怪我をしやすい場所です。
バイクは転倒することもある乗り物です。
転倒に備えて踝や足首を守ることは何も大げさなことではありません。

紐靴ではないもの

3つ目のポイントは紐靴ではないもの。
スニーカー等を履いてバイクに乗られてる方が多いのではないでしょうか。
しかし紐靴の紐はバイクの色々な装置に引っかかりやすく、万が一引っかかってしまった場合に地面に足がつけず転倒してしまったりチェーンに足が巻き込まれてしまう可能性があるのです。

まとめ

バイクはかっこいい楽しい乗りもですが大きな危険もある乗りもです。
何か危険な目にあってからでは手遅れです。
今あげたこの3つのポイント押さえた上で安全なブーツ選びをしてみてください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます